最大の難関と称される弁護士の狭き門をブチ破れ!

弁護士になるのは大変

予備試験を受ける

弁護士になるのは難しいということは誰もが知っているかと思います。
世の中にはさまざまな職業や資格がありますが、その中でもトップクラスの難関であるといってもいいでしょう。
そんな弁護士になる方法は2つあります。
まずひとつ目は、予備試験を受ける方法です。
予備試験の内容は短答式試験、論文試験、口述試験の3つを順番に受けるのですが、最初から順番に受けてそれぞれに合格しないと次の試験に臨むことができないシステムとなっています。
つまり、まず短答式試験に合格しなければいつまでたっても先に進むことはできないのです。
この予備試験に合格すると司法試験を受験する資格を得ることができ、その司法試験に受かってやっと弁護士資格を有するというわけです。

大学院で学ぶ

もうひとつは、法科大学院で学ぶという方法です。
大学院で2~3年間勉強をしたのち、卒業後に司法試験を受けるというかたちになります。
試験内容は短答式と論文ですが、5年間に3回しか受験資格がなくすべてに不合格となると受験資格を失ってしまうというシビアさです。
弁護士になるのがいかに難しいことか、これらの事実が証明していることでしょう。