人々の人生設計作りをサポートするファイナンシャルプランナー

人生設計のプロ

ここ数年で、ファイナンシャルプランナーという職業をよく目にするようになりました。
ファイナンシャルプランナーとは、依頼を受けて顧客の収入や支出、資産や貯蓄状況などのさまざまな情報を元にしてそれらを生かしたライフプランの提案やアドバイスをする、いわば「人生の夢や目標をかなえるサポート」をする資格を持つ人を指します。
ただし、この資格を持ちファイナンシャルプランナーという肩書きだけで仕事を行なっている人はあまりいないのが実情で、生命保険などの関係者がその仕事を充実させるために取得していることが多いようです。

受験が必要

ファイナンシャルプランナーの資格を得るためには、試験を受けることが必要です。
資格は1~3級がありますが、1級と2級は一定以上の実務経験を持つかあるいは3級を合格した後でなければ受験資格はありません。
したがって、実務経験を持たない人はまず3級を目指すことになります。
必ずしも仕事に役立ったり繋がるとはいえないこの資格ですが、少なくとも自分の人生設計を立てる際に役立つことから、勉強しておいて損はない資格だといえます。