公認会計士ってどんな仕事?

馴染みはないけれども関係は深い

公認会計士と聞いても、具体的なイメージが湧かないという人も少なくないのではないでしょうか。
というのも、この仕事の対象は主に企業などの組織だから、一般の人にはあまり馴染みがないのは当然かもしれません。
しかし、サラリーマンなど会社に勤める人にとっては間接的に非常にお世話になっているはずです。
企業の財務や会計に関して指導やアドバイスを行なったり、政務書類の作成や申告の代理といった税務業務などを行なっているからです。
また、企業の運営に対するコンサルティングといった仕事も行なっています。
公認会計士の最も大きな業務のひとつが、監査業務です。
会社などの会計が適切に実施されているかどうかを監査するのですが、これがいい加減な状態ではその会社自体の大問題となってしまいます。

人気が高い資格

公認会計士の資格を得るためにはまず試験に合格する必要があります。
受験資格は特にないので、誰でも受験できます。
試験に受かると業務補助などを2年以上行ないながら実務補修を受け単位を修得します。
その上で終了考査に合格すれば、公認会計士として登録が可能となるのです。
簡単に試験に合格できるわけでもありませんし合格してもすぐには与えられないという厳しい資格ではありますが、資格さえ得られれば個人で独立して行なえる仕事として人気は高いです。